中耳炎・外耳炎などの症状

風邪の延長として起こる病気なので、高熱が続き、子供が手を耳にやる、泣き止まないといった時は中耳炎の疑いがあります。そのような行動を見逃さないようにしましょう。症状は耳の痛みや聞こえにくい、耳がつまった感じです。耳管は鼓膜の奥の中耳腔(鼓室)から鼻に通じる管の事で、急性中耳炎とは、風邪などで鼻や喉の 炎症から増殖した細菌が耳管を通じて中耳腔に侵入し炎症を起こすことです。特に乳幼児は大人に比べて耳管が大きく短いので、細菌が侵入しやすい為風邪をひくと中耳炎になりやすいのです。

耳だれは一時よくなりますが、風邪や鼓膜穿孔から水が入ると、再び耳だれが出て、繰り返すうちに炎症が耳小骨の周囲にまで及び、耳小骨に障害が起こったり、耳小骨が癒着(ゆちゃく)して固まり、聞こえにくくなります。慢性中耳炎の中でも真珠腫をつくっているものは耳だれに強い臭いがあります。急性中耳炎の治療が遅れたり急性中耳炎を繰り返していると、耳だれが続いて、鼓膜の孔が開いたま まになり、慢性中耳炎を起こします。症状は耳だれ、難聴ですが、特に痛みや熱はありません。